以下の選定方法は、SPプーリの標準品と細幅Vベルトまたは一般用Vベルトを使用して設計する場合に適用します。

Pt:伝達動力(kw)
R1:原動側回転数(rpm)
R2:被動側回転数(rpm)
C:軸間距離(mm)
φd1:原動側軸径(mm)
(オプション指定)
φd2:被動側軸径(mm)
(オプション指定)


原動機のタイプをどちらか1つ選んでください。
最大出力が定格の300%以下のもの

交流モータ(標準モーター、同期モータ)
直流モータ(分巻)
2シリンダー以上のエンジン
最大出力が定格の300%を越えるもの

特殊モータ(高トルク)
直流モータ(直巻)
単シリンダエンジン、ラインシャフト
またはクラッチによる運転

原動機の運転時間をどれか1つ選んでください。

使用機械のタイプをどちらか1つ選んでください。
負荷変動 微少
(Light duty)
かきまぜ機(流体)、送風機(7.5kW以下)、遠心ポンプ、遠心圧縮機、
軽荷重用コンベア
負荷変動 少
(Medium duty)
ベルトコンベア(砂、穀物)、粉練り機、送風機(7.5kWを超えるもの)、
発電機、ラインシャフト、大型洗濯機、工作機械、パンチ、プレス、
せん断機、印刷機械、回転ポンプ、回転・振動ふるい
負荷変動 中
(Heavy duty)
バケットエレベーター、励磁機、往復圧縮機、コンベア(バケット、スクリュー)、
ハンマーミル、製紙用ミル、ビータ、ピストンポンプ、ルーツブロア、
粉砕機、木工機械、繊維機械
負荷変動 大
(Extra heavy duty)
クラッシャ、ミル(ボール、ロッド)、ホイスト、
ゴム加工機(ロール、カレンダー、押出機)

過負荷係数(Ko) =


環境条件を選んでください(オプション指定)
(該当するものはすべて選択ください)。
環境 Kc
●起動停止の頻度が多い
(10回以上/1日)
0.2
●保守点検が困難 0.2
●粉塵が多く摩耗を起こしやすい 0.2
●雰囲気温度が高い 0.2
●油類や水等が付着する 0.2

環境補正係数(Kc) =


アイドラを使用する場合、アイドラープーリの位置を選んでください(オプション指定)

アイドラープーリの位置
ベルトのゆるみ側で、ベルトの内側から使用する場合。
ベルトのゆるみ側で、ベルトの外側から使用する場合。
ベルトの張り側で、ベルトの内側から使用する場合。
ベルトの張り側で、ベルトの外側から使用する場合。

アイドラ使用による付加補正係数(Ki) =
(備考)Kiはアイドラーの取り付け方により0.2〜0です。必要な場合はご連絡ください。